神の時空〜倭の水霊〜/高田崇史

神の時空 ―倭の水霊― (講談社ノベルス)
愛知で近年稀に見る集中豪雨。大規模な水害にまで発展しそうな天災の中妖しくうごめく影が。一方横浜で発見された他殺死体の発見現場から逃走した女性が次々と遭遇する不可思議な事態。その鍵を求めて浦賀走水神社へと向かうがそこに待っていたのは・・・・

Continue reading “神の時空〜倭の水霊〜/高田崇史”