October 2004 Archives

October 30, 2004

simple is best

左右の項目もだいぶ洗練されて、割りと個人的には満足度が上がってきました。これより先は何しようかねぇ。ホント。飽きっぽいので。既に微妙にマンネリ感。

倉庫整理

昨日の晩。勢いで荷物を移動。と言っても全体のまだ3分の2くらいだけど。
お陰で今日の晩は一部整理完了。明日は久しぶりの休みだ。まったく。明後日からはまた整理の続きだな。微妙にエンドレスだったのが、微かに先が見えて来た。ほんの微かにだけど。旅行までに終わらせてやる!つもり。

October 29, 2004

初日

新しいFloorもそれほど戸惑うことなく馴染めたけど、大量の在庫を急いで処分しないと倉庫がパンクする。
うーん。やっぱりしばらく残業からは免れないな。

October 24, 2004

iBlog

これって。RSSリーダーにも使えたんだね。今更気がついてみたり。

■iBlog
http://www.lifli.com/Products/iBlog/main.htm

バンガー・シスターズ

監督:ボブ・ドールマン
出演:ゴールディー・ホーン/スーザン・サランドン/ジェフリー・ラッシュ/エリカ・クリステンセン/ロビン・ト−マス/エバ・アムリ

ゴールディー・ホーンとスーザン・サランドンが出るって言うんで。朝っぱらから見ちゃいました。スーザン・サランドンは『ロッキー・ホラー・ショー』からファン。ゴールディー・ホーンは『永久に美しく』かな。まぁ、そんなのりで観てくれって感じ。期待し過ぎるのはバツ。

RSS

知り合いのサイトで某掲示板のエントリーを左メニューにちょこっと載せてるのを見て急に欲しくなっちゃいました。あちこちさがしてやっと丁寧に説明のあるページなんか見つけてみたり。

表示はしてみたものの。
元の掲示板ってそういえばタイトル入れてなかったんだな。すっかりそんなこと忘れてました。(笑)

■まんぼう亭:mt-rssfeedでニュース表示
http://manbow.or.tp/archives/2004_08_03_0012.php

THX 1138

監督・脚本:ジョージ・ルーカス
出演:ロバート・デュバル/ドナルド・プリーセンス

『愛』が重罪になる未来での話。

映像的に何となく『試作』をイメージさせる。『未来感』には『2001年宇宙の旅』に共通するものがあるみたい。もしくは模倣。『印象派映像』かな。
この手の映画(映像)ならもっともっと面白いものがたくさんあると思う。主題も短い映像なんだからもっと接近してもいいんじゃない。かな?

追加
メッセージはちゃんとあるので安心して観てください。

October 22, 2004

ボーン・アイデンティティー

監督:ダグ・ライマン
出演:マッド・デイモン/フランカ・ポテント/クリス・クーパー

海で発見された男には銃で撃たれた傷があった。回復したかれは記憶を失っていたが、埋め込まれていたスイス銀行の口座をたよりに、徐々に自分を捜す手がかりを見つけて行く。そしてその先にあった真実とは。

重たそうな身体で見せてくれるアクションは割りと快適。スピード感もあって。『あーっ。』って言いたくなるようなじれったさっていうかハラハラ感もあって。久々にオレ的にはヒットかな。MIくらいには楽しめるよ。なんだか2作目も見たくなった。果たしてちゃんと1作目を超えてますかね?

諸行無常

今のフロアに異動してちょうど3年。
割りともう愛着があるんだなぁ。工具にも興味湧いて来たし。異動が決まって一番に仲いい奴に報告して、『あぁ。なんかやだなぁ。』って言ったら、『いいじゃないですか。ボクが代わりに行きたいくらいですよ。』って。言われた。
ふーん。そういうコメントもありか。『寂しくなるな』とかより気が利いてるかも。

きっと。逆の立場でも。同じ事言ったかな。と、ふと思う今日この頃。

真っ白

背景消しちゃいました。と言うより差し替えようと思ったけど、ファイル削除してから代替作る筈が萎えてしまいました。当分このままです。悪しからず。

倉庫整理

今までに溜めに溜めてしまった不良なものを処分しないと。あまりにありすぎて途方に暮れてしまい。今日は検討だけして帰って来てしまった。(笑)明日からは地獄です。
てか。俺が来る前の歴代の不良があり過ぎ。

October 20, 2004

確定

来週から6階です。これから毎日準備ですね。参った。参った。

October 19, 2004

2転。3転。

昨日。決定した筈なのに。今日は撤回。
んで。明日決定。予定。
このまま決定だと。
不本意ながらまた異動。はぁ。
いい加減にしてくれ。

October 18, 2004

大人の科学

去年ごっそりと持って行かれた商品群が戻って来る。今更面倒くさいなぁ。けどきっとオレが面倒見なきゃいけないんだろうなぁ。てかどうしていつも急に言うのかなぁ。まったく。

October 16, 2004

サラマンダー

監督:ロブ・ボウマン
出演:クリスチャン・ベール/マシュー・マコノヒー/イザベラ・スコルプコ

メイド・イン・マンハッタン

監督:ウェイン・ワン
出演:ジェニファー・ロペス/ラルフ・フィエンス/ナターシャ・リチャードソン/スタンレー・タッキ/

カタカナで書くと分からないね。
原題は『maid in manhattan』ホテルのメイドさんが大統領候補と恋に落ちる話。よくあるタイプのラブ・ストーリー。
当然ハッピーエンドです。

ホテルの仕事っていろんな種類の仕事があるんだね。とりあえず『マネージャー』って仕事をしてみたくなりました。ちゃんと下からのし上がって行って。とっても難しいんでしょうね。けど映画だとすっごく簡単に見えちゃうんだよね。(笑)
日頃。ホテルに泊まるなんて旅行しない限り滅多にないから、改めて感心しちゃいました。今度旅行に行った時には隅から隅まで観察してみようかな。
そう言えばしかめっ面だったのに、イタリア語でチェックアウトしたら『ニッコォーーー』って笑ったおじさんは実は普段は違う仕事なのかな。制服が他の人と全然違って偉そうだったなぁ。

エバーラスティング 時をさまようタック

監督:ジェイ・ラッセル
出演:アレクシス・ブレーデル/ウィリアム・ハート/シシー・スペイセク/ジョナサン・ジャクソン/スコット・ベアストー

森の中に住む永遠に死ぬ事も老いる事もない家族と、
そこに迷い込んだ少女とのふれあいの物語。

何の起承転結もないんだけど、永遠の命を持ってしまった家族の時間の流れ方だけは、なんでか知らないけど画面からちゃんと伝わって来る。
『永遠に生きると言う事は、永遠に一人で生きていくと言う事。』
なんだなぁ。って言うのが感想です。
この手の映画は大好き。

October 14, 2004

・・・・

無言。
それで通じる事もあるのだろうけど、
きっと通じない事のが多いのだろう。

通じると思ったり。通じたと思ったりは。
きっと自己満足の範囲で。
そこで。微妙に少しずつずれてしまった事に気づいた時に。
改めて。
自分の愚かさに気づいてみたり。
けど。その愚かさは相手のせいだと思ってみたり。

言葉にしても1/4しか伝わらない想いでも。
言葉にしないよりましなのか。
それとも。
言葉にしない方がましなのか。

October 11, 2004

レッド・ドラゴン

監督:ブレット・ラトナー
出演:アンソニー・ホプキンス/エドワード・ノートン/ハーヴェイ・カイテル/エミリー・ワトソン

トマス・ハリス原作のリメイク版。
『羊たちの沈黙』がヒットして、『ハンニバル』がヒットしちゃった(?)からついでにホプキンスで『レッド・ドラゴン』って感じなんですかね。
元々主人公をレクター博士に置いてない所が、レクター博士を浮き立たせた要因なんでしょう。
この辺りの犯人特定のプロセスももう既に使い古されちゃった感じだから、ウィルとハンニバルとドラハイドの三角関係を表現したい所なのかな。
もう少しウィルにグッと焦点を当ててみた方がよりボク好みですが。自分とハンニバルとの共通点と相違点の狭間で苦悩する姿を描写してもらいたかったかな。折角エドワード・ノートン使ってるんだし。なんか苦悩するの得意そうじゃない?

ボク的に面白かったのはエミリー・ワトソン。
目が見えないってだけならそうでもないけど、映画なんかに割りと良く出て来る『目の見えない人像』からかけ離れてる感じが面白い。こういう設定の人が出るとついついじっくり見ちゃうんだよね。視線が動いてないかとか。(笑)
何となくボクのイメージは目の見えない人は視線が動かないと言うより、首全対がしょっちゅう動いてるイメージなんだよね。目を使わない分耳を使うからだと思うんだけどね。

最後まで見たら正しい順番に『羊〜』と『ハンニバル』を見たくなった。意味はないけど。

October 9, 2004

台風一過

折角の2連休もすっかりダメ。
明日晴れてもなぁ。

October 8, 2004

ブルワース

監督・脚本:ウォーレン・ビーティー
出演:ウォーレン・ビーティー/ハル・ベリー

ハル・ベリー可愛いねぇ。首かしげると最高。
ウォーレン・ビーティーの貼付いたような笑顔って本当に政治家向き。一緒に仕事してる誰かさんを思い出させます。(笑)

October 6, 2004

Barneys New York

お昼を探して歩いてたら、
割りと良さげな懐石ランチを見つけたので入ってみた。
昼時なのに天気のお陰でガラガラ。
ゆっくり食事をして出る時に、
カウンターにたくさんの花があったので、
『最近出来たんですか?』って聞いたら、
『1日にこのビルと一緒にオープンだったんですよ。』って。
降りがてら見てみたら、
全然気づきませんでしたが、『BARNEYS NEW YORK』でした。
特に欲しいものがある訳ではないので、
全部流しちゃいましたが、
見てた中に2、3割といいな。なんて思ったものが。
けど衝動買いする値段じゃないね。
傘で4万ってどうよ。
雨の日にさせないだろう。

銀座

久しぶりに映画の約束。
まぁ、こういう天気だってのは分かっていましたが。
けどこういう日って見事に空いてるから。
なんせ全席指定なのに開演10分前でS指定の後ろのど真ん中。
最高にいい席でした。
しかも隣は誰もいないし。前は当然S指定なので誰もいないし。
けど行く前に飯食ってしまったので、
微妙に前半眠かった。
てか、微妙に落ちた。(笑)

I, Robot

監督:アレックス・プロヤス
出演:ウィル・スミス/ブリジット・モイナハン/ブルース・グリーンウッド

『人間に危害を加えない。』
『人間の命令に服従する。』
『前の2条に反しない限り、自己を守る。』
ロジックの問題。ここから導きだされる結論は?
実は割りと近い感想を時々持ってしまったりします。対象が違いますけど。

内容は原作がアイザック・アシモフだったりするので、割りと扁平で厚みは無いんですけど、
映像的には個人的に大好きな近未来感満載で結構満足。
ここに出て来る技術も設定の2035年には実用化されていても可笑しくないものばかりだったしね。
間違いなく実用化されていないのは主人公の『ロボット』だけでしょう。それ以外早かれ、遅かれ実現します。てか、して欲しい。

気になったのは、オレが面白くって思わず吹き出したり、声をあげて笑いそうになって腹捩ってるのに、周りは誰も笑ってる人いなかったんだよね。どうして???

October 3, 2004

6982

そういえば。
確かに夜の涼しさは感じるけど、
昼間は割りと暑いじゃない。
まさかもう10月だなんて。
ねぇ。
ニュースではまだ台風情報とか言ってるのにね。

この間買い物に行って。
かなり出遅れを感じ。
けど、店の人のいうことには、
今年は割りと売れだすのが遅いとか。
まだまだ必要無いのにマフラーなんか新しいの欲しくなったりして。

October 1, 2004

リベンジ。

買い物リベンジ。
予想以上にクリアーな天気。
この間注文したパンツを取りに出るついでに。
今日こそは!って買い物リベンジ。
今度は買いすぎちゃいました。(笑)

パンツ
シャツ
カットソー
シャツ
スニーカー
ニット

必死で働かねば。

Monthly Archives

OpenID accepted here Learn more about OpenID

About this Archive

This page is an archive of entries from October 2004 listed from newest to oldest.

September 2004 is the previous archive.

November 2004 is the next archive.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.