« 京銘菓 | Home | cut »

May 21, 2005

大井町→八潮公園→せせらぎの森

天気がよかったので、昼飯を食いがてら散歩。途中で弁当を買って大井町から歩いて八潮公園まで。

『京浜運河』にかかる『八潮橋』をわたる途中。右側に見えるのは羽田に行くモノレールの線路。4分おきに走ってる筈なんだけど、いくら待っても来ず。こういう時に来ない。左側に見えるのが八潮公園。

橋を渡ると小さな看板が。『品川百景』だって。右にある階段を下りると右手に公園が。八潮橋はちょうど公園の中間にあるので、右に行っても左に行っても公園が続きます。今日は左へ。目的地は『スポーツの森』

公園内は細長く延々と続く。樹々が生い茂っていて周りより少し気温が低く感じる。運河沿いでは釣りをしている人を良く見かける。運河を挟んで反対側が首都高速だから、静かとは到底言いがたいけどね。でも聞こえるのはその音だけだから、ある意味静かかな。

細長い八潮公園の向こうには、さらに広い公園が広がってます。スポーツの森、せせらぎの森等々。当初の予定のスポーツの森は本当にスポーツ施設があるだけだったので、反対側のせせらぎの森へ。自然観察道を歩いて行くと、あちこちに観察ポイントがあってそこからは上のような景色が広がってます。

観察ポイント。どっかで見たことあるなぁ。(→浜離宮恩賜庭園)この穴から池をのぞける。季節によっては水鳥がやって来るらしい。

ちょうどこんな感じ。今日は何も居ませんでした。
観察道を抜けると少し広場になった所に観察舎という建物がありました。中をのぞいてみると公園に関する資料が。文書のものや実物など。スズメバチの巣なんかがゴロゴロ転がってました。蝉の抜け殻まで無造作に棚の上なんかに。置いてあったバードウォッチングなんかに使うよなスコープを覗いていたら、事務所に居たおじさん(正しくはおっさん)が『向こうの道を真っ直ぐ行くと観察小屋があるから、そこからならもっとたくさん見れるよ。』って教えてくれました。面白そうだったので覗きに。


無理だろうな。と思いつつ。試しに携帯のカメラで撮ったスコープからの景色。携帯も侮れないっす。東京でこんなものが見れるとは。新たな東京発見でした。ちなみに上はコサギだけど、下はわかりませんでした。

Leave a comment

Monthly Archives

OpenID accepted here Learn more about OpenID

About this Entry

This page contains a single entry by pure published on May 21, 2005 11:28 PM.

京銘菓 was the previous entry in this blog.

cut is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.