« 冬支度:立冬も過ぎたし | Home | アトレの裏側:恵比寿 »

November 16, 2005

百器徒然袋-雨/京極夏彦

短編は普段読みませんが、他に読みたいのがなかったので繋ぎに。
けど短編とはいえあの熱さで3編の収録。
それぞれ1冊にしたっておかしくないだろう。って位の長さ。

登場人物は全ていつもの面々だから、代わり映えしないのかと思いきや、視点が変わると話の印象も変わるもんです。中禅寺が真ん中に来るいつものシリーズだと行間は重苦しい空気で満たされていますが、榎木津が真ん中に来るとこれはもうアクションコメディーの様相を呈します。いつもはまとわりつくように展開する印象のストーリーも、それほどかけ離れた題材ではないのに軽快に進みます。まぁ、短編だからそれほど内容も複雑には出来ないんでしょうけどね。短編の割に読み応えあり。

Leave a comment

Monthly Archives

OpenID accepted here Learn more about OpenID

About this Entry

This page contains a single entry by pure published on November 16, 2005 11:16 PM.

冬支度:立冬も過ぎたし was the previous entry in this blog.

アトレの裏側:恵比寿 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.