« 音:河合奈保子 | Home | 花盛り:クレマチスの丘 »

May 3, 2006

クレマチスの丘


天気も上々。早起きも出来たし。新幹線に乗って三島まで。新横浜からこだまで40分。近い近い。

クレマチスの丘

三島駅北口バスターミナルからシャトルバスが1時間に1回。混雑時には増便するので、来たバスに乗れなくても1分も待たないうちに次が来ます。座れない気がするけど結構広いバスなので余裕。バスの運転手もちゃんと座れる人数数えて乗せてますから座れない時には教えてくれます。

『クレマチスホワイトガーデン』で下車。
いきなり見事な藤棚に遭遇。近づいてみるとフラワーショップがありました。
クレマチスを始めクリスマスローズなども豊富。宅配も受けてくれるので大きな鉢を買っても、苗をたくさん買っても荷物を持って帰る必要ありません。
同じ並びにブティック・軽食・ミュージアムショップが軒を連ねています。

フラワーショップを後にし、左手を進んで行くと正面にガラス張りのチケットセンター。
通路の左手には『木村圭吾さくら美術館』正面奥には『ガーデン・バサラ(和食)』があります。右手はずっと植え込みでした。
今日のメインは『クレマチス』
時間が余ったら他も覗こうかな。くらいで。

チケットセンターの右手の入り口をくぐり、細めのスロープを進んで行くと、いきなり目の前が開けます。バスに揺られていた時には気付かなかったけど、割と高い所まで登っていたんだね。
それにしてもこの日差しの強さ。伝わるかなぁ。
風は涼やかで肌に気持ちよかった。

庭園はイタリア人彫刻家の作品を集めた『ヴァンジ彫刻庭園美術館』の付属庭園なので、至る所にこんなユニークな彫刻が満載です。
これは塀を乗り越えてこちら側へ入って来ようとしてる男の人なんですが、ちゃんと裏側にも身体があってホントに乗り越える所。
他にもガラスに顔を押し付けてる男の人:鼻とかがつぶれて押してつけてる感じがひしと伝わって来る。w とか、歩いてるだけで楽しめます。
ちょうど中間地点に美術館の建物があり、中を抜けて下の庭園へ進む構造になっています。

三々五々と不規則に椅子が並べてあって、自由に座って休憩出来るようになってました。
中には座ったら立ち上がりたくなくなるような座り心地のいい物まで。
一面芝生になっていて小径を囲むようにクレマチスを始め無数の植物が植えられているんですが、これが絶妙な加減で配置(ほとんど放置?)されていて、整備された公園というよりは誰かの家の庭を散歩しているような気分。イギリス風?なんですかね。
『手をかけて無造作に仕上げる。』
という感じの凄くなじみやすい構成でした。

広い庭園の一角にある『ホワイトガーデン』
白い植物を効果的に、且つやっぱり無造作に背馳してありました。
何かの花が終わると、すぐ次の主役が待機している。って感じで、時間と共に姿を変えて行くように構成してあるのかも。

園内の花(終わりが近いもの)を切って至る所に飾ってありました。
てか、割と狭いスペースなんだけど、ちゃんと座れる広さで意外と落ち着く加減で、あちこちにテーブルと椅子が配置されてました。
足下の花瓶やバケツにもたくさん花が盛られていました。
今日飾る花を庭から摘んで来るなんて・・・・贅沢すぎる。w

ホワイトガーデンと一緒にある『ガーデナーズハウス』というティ−ハウス。
ハーブティーやクッキー、緑茶なんかもあるみたいです。
左手にはお土産物屋さんがあります。
距離感伝わらないでしょうけど、
この一角やたら狭くて、2人すれ違うには色々な身体的条件が伴います。
w 間違いなく。
奥には小さな庭が仕立ててあり、一番奥には大手毬が植え替えられて引っ越して来てました。
引っ越したばかり風なのに大きな花たくさん付けて。

ガーデナーズハウスのテラスから庭園を見渡す図。
かき分けて進む感じで窮屈ですが、花に囲まれてる幸福感は密接してるだけに最高です。
正面の右手奥がスモールガーデン。
足下に気をつけて進まないと何踏むか分からないくらいスモールガーデン。w

カナール(水路)のボーダーガーデン。
水路を挟んで奥と手前に溢れんばかりに植物が。
さらに奥の斜面には花木も植わっていて上からも緑が覆い尽くす感じ。
隙間まで目を凝らすと思いがけない諸奥物が覗いていたり。

ここが水路の終点。
というか、起点。
ここから水が絶えずチョロチョロと流れ出して水路に行き渡っています。
庭園はここが終点。
左手にゲートがあって、そこを出て右手に進むと最初のフラワーショップに繋がります。
左手にはイタリア料理店『マンジャ・ペシェ』この店からは庭園が見渡せそうでした。

ゲートを出て右手。
最後にまた藤棚が迎えてくれます。
この一角だけ見てこれが日本だって思わないよなぁ。
まるで旅行に来た気分です。

『クレマチスホワイトガーデン』から自然公園内を通る散歩道を歩いてみました。
途中結構長い吊り橋が。
高さはそれほど無いんだけど、完全につってあって本気で揺れる。風でも揺れる。w
橋に覆いかぶさるようにある緑を見ても分かる通り、周囲は樹木で覆われています。
ちょっとした森林浴に来た気分。ただし。運動靴必須です。トレッキング気分です。
自然公園はさっきの庭園よりも広く、中をせせらぎが流れていてその周囲にはクレソンが群生していました。

割と疲れたけど。
こんな身近でリゾート気分。連休中にどうでしょう?

Leave a comment

Monthly Archives

OpenID accepted here Learn more about OpenID

About this Entry

This page contains a single entry by pure published on May 3, 2006 10:13 PM.

音:河合奈保子 was the previous entry in this blog.

花盛り:クレマチスの丘 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.