« Le vacanze estive | Home | E c'è la strada davanti a me. »

September 9, 2006

重陽

菊を浮かべて酒を酌み交わすなんて。最高。w
長寿は然程希望しない。けど楽しいことが続く分にはいいかな。

明日から夏休み。
明後日からキャンプ。
息抜き。息抜き。

忘れはしないよ
時が流れても
いたずらなやり取りも
心のトゲさえも
キミが笑えばもう
小さく丸くなっていたこと

かわるがわる除いた穴から何を見てたかな
一人きりじゃ叶えられない夢もあったけど

さよなら君の声を抱いて歩いてゆく
ああ僕のままでどこまで届くだろう

探していたのさ
君とあう日まで
今じゃ懐かしい言葉
ガラスの向こうには
水玉の雲が
散らかっていたあの日まで

風が吹いて飛ばされそうな軽い魂で
人と同じような幸せを信じていたのに

これから傷付いたり誰か傷つけても
ああ僕のままでどこまで届くだろう

瞬きする程長い季節がきて
呼び合う名前がこだましはじめる
聞こえる?

さよなら
君の声を抱いて歩いてゆく
ああ僕のままでどこまで届くだろう
ああ君の声を抱いて歩いてゆく
ああ僕のままでどこまで届くだろう

Leave a comment

Monthly Archives

OpenID accepted here Learn more about OpenID

About this Entry

This page contains a single entry by pure published on September 9, 2006 11:14 PM.

Le vacanze estive was the previous entry in this blog.

E c'è la strada davanti a me. is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.