« リベリオン | Home | ブルース・イン・ニューヨーク »

November 9, 2006

イーオン・フラックス

ニon Flux (2005)

監督:キャリン・クサマ
出演:シャーリーズ・セロン/マートン・クソーカス/ソフィー・オコネド/フランシス・マクダーマンド/ピート・ポスルウェイト/アメリア・ワーナー/キャロリーヌ・チケジー

2011年。ウィルスにより人類の99%が死亡。4年後、治療薬を開発したグッドチャイルド家は、ブレーニャへ生き残った人類を集めウィルスに汚染された外界を遮断し、以後400年に渡って統治していた。が、半政府組織『モニカン』たちの勢力が台頭し、存続の危機に直面していた。

友達に借りたDVD。暇だったからついでに。たまたま昼に見たのと世界観がかぶってるけど。
大きい画面で見たかったな。と、思わせる色の綺麗さ。
SFって未来が舞台だと大抵違う世界観を構築しがちだけど、400年後を描いているのに調度品は今と一緒なのが面白い。なのにたくさん仕掛け付いてるんだよね。グッと来る。w
外敵が居ないからなのか、武器がいまだに銃だったのが笑える。
耳に埋め込んである通信機とか、目に仕込まれた顕微鏡(?)だとか。随所に技術が駆使されてるのに、ドンパチなんだよ。
滅亡しそうだというのに最後までやたら人が死んでいく映画だった。結局仲間は誰1人残らないし。
そういえばモニカンの彼女はこれからどうするんだろ?誰も頭の中に入って来なかったら彼女は1人っきり?w

イーオン・フラックス スタンダード・エディション
イーオン・フラックス スタンダード・エディション

Leave a comment

Monthly Archives

OpenID accepted here Learn more about OpenID

About this Entry

This page contains a single entry by pure published on November 9, 2006 10:04 PM.

リベリオン was the previous entry in this blog.

ブルース・イン・ニューヨーク is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.