« 『ポストペット』→『おいでよ 動物の森』 | Home | 聖誕祭。 »

December 15, 2006

流れ星。

星が見えない夜だから。

僕にしか見えない地図を拡げて独りで見てた
目を上げた時にはもう 太陽は沈んでいた
造りかけの大きな街は 七色のケムリの中
解らない君の言葉 包み紙から取り出している

流れ星 流れ星 すぐに消えちゃう君が好きで
流れ星 流れ星 本当の神様が
同じ顔で僕の窓辺に現れても

君の心の中に棲むムカデにかみつかれた日
ひからびかけていた僕の 明日が見えた気がした
誰かを憎んでたことも 何かに怯えたことも
全部かすんじゃうくらいの 静かな夜に浮かんでいたい

流れ星 流れ星 すぐに消えちゃう君が好きで
流れ星 流れ星 本当の神様が
同じ顔で僕の窓辺に現れても

流れ星 流れ星

流れ星 流れ星 本当の神様が
同じ顔で僕の窓辺に現れても

Leave a comment

Monthly Archives

OpenID accepted here Learn more about OpenID

About this Entry

This page contains a single entry by pure published on December 15, 2006 11:22 PM.

『ポストペット』→『おいでよ 動物の森』 was the previous entry in this blog.

聖誕祭。 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.