« Spring Carnival @ 舞浜 | Home | 人狼城の恐怖 <第二部>フランス編/二階堂黎人 »

April 12, 2008

人狼城の恐怖 <第一部>ドイツ編/二階堂黎人

人狼城の恐怖〈第1部〉ドイツ編 (講談社文庫)

独仏国境の険しい渓谷の上に屹立する双子の古城・人狼城。ドイツ側“銀の狼城”に招かれた十人の客に用意されていたのは、凄惨な殺しの宴であった。二重に閉ざされた密室での首切り、中世の石弓による射殺…。謎と伝説に彩られた古城に隠された秘密とは何か?

けど秘密は何も解き明かされないよ。
まだまだね。

日本人が書いてるのに舞台が外国で登場人物も外国人で。
なれないとなかなか読み辛いよね。

推理というよりオカルト?
なかなか全貌が掴みきれません。

さて続きはどうなる事やら。

Leave a comment

Monthly Archives

OpenID accepted here Learn more about OpenID

About this Entry

This page contains a single entry by pure published on April 12, 2008 11:58 PM.

Spring Carnival @ 舞浜 was the previous entry in this blog.

人狼城の恐怖 <第二部>フランス編/二階堂黎人 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.