« いつの間にか梅雨だってね。 | Home | 渋谷開拓。 »

June 6, 2008

蒲公英草紙〜常野物語/恩田陸

蒲公英草紙―常野物語 (集英社文庫 お 48-5)

特殊な能力を持った一族が出て来るシリーズの一部(外伝的)なんだけどね。
焦点は語り手を軸に聡子様に。
『にゅうせんちゅりぃ』が21世紀を指す言葉ぢゃなかった頃の話。

基本。
超能力とか好きだからね。
以前読んだ常野シリーズが面白かったので勢いで買ってみた。
この人は言葉の使い方が美味いね。
文章ぢゃなくて。
言葉を巧みに使うね。
その隙間から想いがにじんで来るような言葉を使うね。
勿論知る筈の無い時代の事が目の前に風景として現れるような言葉を使うね。
まるで映画を見てるようだったよ。
ホント。一気読み。

赤い凧。
空に上がってるのを探したくなりました。

Leave a comment

Monthly Archives

OpenID accepted here Learn more about OpenID

About this Entry

This page contains a single entry by pure published on June 6, 2008 11:55 PM.

いつの間にか梅雨だってね。 was the previous entry in this blog.

渋谷開拓。 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.