« 自虐の詩。 | Home | Skype for iPhone »

April 2, 2009

せせらぎ。さくら。

今日は天気がいいので桜を求めて二ヶ領用水。

IMG_1432.jpg最寄り駅から約10分。
駅からは徒歩で10分。
通りの向こうからは想像出来ない景色が目の前に。
400年以上前に造られた用水の両脇から雪崩れ掛かるように桜が咲き乱れる。

IMG_1439.jpg駅の近所のコンビニでお弁当を買って暫しお昼に寛ぐ。
風は冷たいが背に当たる陽が心地よい。
平日だからか人が少なく気に入った場所で何処でも寛げる。

IMG_1448.jpg用水の脇の沿道は少し下がった所に並ぶ桜の枝に手が届く距離。
車もほとんど通らず。

IMG_1468.jpg風が冷たいとは思えないほど青い空に桜が映える。
駅を一つ分歩いた辺りから人が少し増えてくる。
この辺りには桜の下にベンチもちらほら。
部活帰りか同じジャージを着た女の子達が輪を作ってお菓子を広げてたり。

IMG_1486.jpg緑とのコントラストも一興。
これから先様々な花が楽しませてくれそう。


IMG_1510.jpg場所は変わって砧公園。
用水の水取り口までは行かずに途中の駅から。
大きくそびえるように並ぶ桜が見事。
広い芝生を囲むように桜の霞が。

IMG_1515.jpg桜切る馬鹿。梅切らぬ馬鹿。
桜は年を経るごとに大きく伸びて行きます。
霞の裏側。

IMG_1523.jpg見上げるような高さから足下まで覆い尽くす桜の中に入ってみた。
桜の海を泳ぐよう。

IMG_1531.jpg砧公園は東京ディズニーランドとほぼ同じ広さ。
その広さの中にあちらこちら桜の木が点在。
一番桜が集まる広場にはレジャーシートを広げた人達も。
皆で歌を歌っていたり。
ボールで遊んでいたり(ボール遊びは禁止でしたが)。
風が強く刈った後の枯れた芝が舞い上がるのには少々辟易。

IMG_1534.jpgいくつかの木がまるで一つの樹のように大きな桜の山を作る。
遠くに引かないと全景が入り切らないほどの大きさ。

IMG_1539.jpgもちろん。
これも忘れてません。
これだけ桜があったら。ネ。

教えたくないけどこの↓辺りに名前が出てます。

Leave a comment

Monthly Archives

OpenID accepted here Learn more about OpenID

About this Entry

This page contains a single entry by pure published on April 2, 2009 9:13 PM.

自虐の詩。 was the previous entry in this blog.

Skype for iPhone is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.