« iPhone 3.1.3 è venuto. | Home | 有楽町散歩。 »

February 18, 2010

前巷説百物語/京極夏彦

前巷説百物語 (角川文庫)
理由あって上方から江戸へ流れてきた双六売りの又市は、根岸の損料屋「ゑんま屋」の手伝いをすることに。
この店はれっきとした貸物業、しかし裏では、決して埋まらぬ大損を大金と引き替えに仕掛けであがなう...という稼業を営んでいた。
渡世仲間らと共に、若き又市が江戸に仕掛ける妖怪からくりの数々。
だがついに、とてつもない強敵が又市らの前に立ちふさがる。
やるせなさが胸を打つシリーズ第4弾、百物語はじまりの物語。

短編。
読むものが無くて。
とりあえず読んでみた。

短編なので全体的の物足りないんだけど。
最後の『旧鼠』は文庫化するにあたっての書き下ろし。
コレは短編な割に読み応えがあった。

百物語シリーズの始まりに当たる又市が裏家業に身を染める前の話。

Leave a comment

Monthly Archives

OpenID accepted here Learn more about OpenID

About this Entry

This page contains a single entry by pure published on February 18, 2010 4:16 PM.

iPhone 3.1.3 è venuto. was the previous entry in this blog.

有楽町散歩。 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.