パズル・パレス/ダン・ブラウン(越前敏弥/熊谷千寿:訳)

DIGITAL FORTRESS / DAN BROWN
巷を賑わせている『ダ・ヴィンチ・コード』の作者です。
これは処女作に当たるのかな?まだまだ次回作が仕上がらないようなのでとりあえず旧いの出して来たんでしょうか?けど、旧いとはいえスピード感があって面白い。一般人が活躍しちゃう所なんかは微妙に今度の映画の原作を彷彿させます。既にこのプロットは完成していたのかもしれません。

Published in
Categorised as library

百夜行/東野圭吾

最近ドラマになったとかいうので以前買ったのを思い出して読んでみた。

Published in
Categorised as library

千里眼とニュアージュ/松岡圭祐

千里眼シリーズです。
今回は地味目ですね。なんだか題材も相当現実逃避だし。スピード感をヒシヒシと感じる息をも付かせぬ展開は今まで通りだけどね。これだけシリーズを重ねると確かに話自体はかなり『無理』な感じもあるけどね。今回もどうも三崎美由紀(主人公)を正当化する為の布石な感じが否めないし。今までして来た事は結局は間違いぢゃなかったでしょ!って行ってる感じがしました。そういう部分を抜いた全体は今まで通りにちゃんと楽しめますよ。やっぱりクライマックスはハラハラするし。

Published in
Categorised as library

オーヂュボンの祈り/伊坂光太郎

『オーデュボンの祈り』
誰にも知られていないと言う『荻島』で起きる非現実的な現実の事件を知らず知らず解いて行く主人公。
非現実的な設定の中不思議と非現実さを感じさせず、ミステリーの要素たっぷりの新しい感覚の小説でした。最後のミステリーはなかなか上手い切れ味でしたね。って思った。やられた。

Published in
Categorised as library

お金はいらない!

魅力的な見出しについ…w
色々なフリーウェアを集めてある。けどなんだか一部使えなかったんだよなぁ。Tigarのセキュリティー上げ過ぎたからかな?ファイル開いても中身が無い。なして?
the 無料 Mac

Published in
Categorised as library

dos logos

ジムの帰りに代官山へ向かう途中にあるお気に入りの書店で見つけた本。ロゴデザインをたくさん集めた本で『los logos』の続編。

Published in
Categorised as library