万能鑑定士Qの事件簿I・II/松岡圭祐

万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)
万能鑑定士Qの事件簿 II (角川文庫)
23歳、凛田莉子の事務所の看板に刻まれるのは「万能鑑定士Q」。喜怒哀楽を伴う記憶術で広範囲な知識を有す莉子は、その記憶と照らし合わせて瞬時に万物の真価・真贋・真相を見破る!

古本屋で偶然2冊見つけたので購入。迷ったけど2冊買っておいてよかった。まさか続いてるとは思わなかった。
場面転換がリズミカルで、思わず先へ読み進んでしまうのは相変わらず。
どんどん残りのページが少なくなるのに、本当に解決するのだろか?と心配させるくらいギリギリまで謎解きが長引く。
登場人物も魅力的で、特に凛田の故郷である八重山や波照間の人々の雰囲気には癒される。
推理劇では次々とスパスパ謎を解いて行く凛田だが、事件簿シリーズのこの最初の作品では何度もつまずいてばかり。
未来を先に読んでしまったので、どんなことに遭遇してあのように成長したのか今から楽しみです。

『特等添乗員αの難事件』なんてシリーズも見つけたのでそちらも平衡して読もうかな。

By pure

散歩・カフェ・映画。これがあればだいたい生きていけるんぢゃないかと思う。

Leave a Reply