素晴らしき日々

One Fine Day (1996)
監督:マイケル・ホフマン
出演:ミシェル・ファイファー/ジョージ・クルーニー
ともにバツイチの建築家メラニー(ミシェル・ファイファー)と人気記者ジャック(ジョージ・クルーニー)の繰り広げるラブコメディー。


割と良くあるプロットで反感を抱き合う2人が段々仲良くなって行くヤツ。とにかく良くあるプロットなんだけど、こういうのって裏切りが無いからかね。最後まで見れちゃうんだよね。
一度配役を逆にした物を見てみたい。
『ちょっと待ってて』の後バスルームで歯を磨いたり髪を直したりするのは想像ついたけど、まさかすね毛までジョーリジョーリ始めるとは思いませんでした。まさか、この世の中のレストランや喫茶店のトイレではああいう光景が繰り広げられてるのか?・・・・・と思うとXXXX
ミシェル・ファイファーってホントに色々な表情になるね。彼女のキャット・ウーマン最高だったんだけどなぁ。誰かさんのは興醒めだったから。色っぽかったんすよ。お薦め→Batman Returns

Published in
Categorised as review

By pure

散歩・カフェ・映画。これがあればだいたい生きていけるんぢゃないかと思う。

Leave a Reply