アフター・アース(2013)

アフター・アース [DVD]
After Earth (2013)
キタルと父サイファーが不時着したのは、遥か昔人類が破滅へと導き見捨てた地球だった。傷ついて動けない父の代わりにキタルは救助信号機を探しに、過酷な環境へと変化した地球へと踏み出すのだが・・・・

監督:ナイト・シャマラン
脚本:ウィル・スミス
出演:ウィル・スミス/ジェイデン・スミス/ソフィー・オコネド/ゾーイ・クラヴィッツ

父と子が出て来る映画のストーリーって大なり小なり同じ設定だよね。不器用な父と心が離れてしまった息子で理解のある母親。たいてい何かしら過去に確執があって、徐々に心を通わせていく的な。
この映画も全くセオリーから外れないオーソドックスなストーリーなので割愛。

最近のSFは未来感の表現がよりシンプルで割と現在の生活に身近になって来てるなと感じる。それは多分、コンピューターをはじめとする様々なデバイスが生活の中に浸透して来ているから、未来のデバイスが出て来てもそう感動を呼ぶほど目新しい物が出て来ないからなのかも。寧ろそういった物をどうデザインしているかが焦点になっているよう。デザインが洗練されているかどうかがSFのヒットを左右する大きな要因になっている感じ。もちろんそのデザインにストーリーが加わらないと作品にはならない訳ですが。
近頃のSFに共通していると感じるデザインは「収納」性。ディスプレイやインターフェイスは不要なとき以外は、全く見当たらないのが多いですね。今回の宇宙船は軍用機だからか、割と目に見えるボタンが多かったですが、ディスプレイは宙に表示される流行の方式です。入力デバイスは出しっ放しですけど。
武器はやたらと高性能なのに接近戦専用なんですよね。理由は全く判りませんがアクション性を持たせる為には格闘しないと意味ないから接近戦専用なんですかね。如意棒より遥かに高性能で種類がいくつも変わります。外側にボタンはありません。
スーツはダイビングスーツの様にからだにフィットするデザインで「周囲の危険」や「着ている人の状態」を感知して色が変化します。「顔色悪いね。どうしたの?」が「スーツの色白いね。どこか悪いみたいだよ。」な感じでしょうか。未来はKYが多いようです。
外惑星へ移住して定住出来るほどの科学力はあったのに、外敵にコロリとやられてしまう原始性は持ち合わせていて、どうも文明レベルの量りづらい設定ですね。

ま、息子さんが楽しんでもらえたのならお父さんとしてはお金掛けた甲斐があるってものでいいのかな。(補足:映画の親子は実の親子です。)

By pure

散歩・カフェ・映画。これがあればだいたい生きていけるんぢゃないかと思う。

1 comment

Leave a Reply