アリス・イン・ワンダーランド

ALiCE IN WONDERLaND
Alice in Wonderland (2010)
監督:ティム・バートン
原作:ルイス・キャロル
出演:ミア・ワシコウスカ/ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム・カーター/アン・ハサウェイ/クリスピン・グローバー/マット・ルーカス/ステファン・フライ(声)/マイケル・シーン(声)/アラン・リックマン(声)/バーバラ・ウィンザー(声)/ティモシー・スポール(声)/ポール・ホワイトハウス(声)/クリストファー・リー(声)
その後の不思議の国のアリス。


本屋が繁盛してるんだろうなぁ。
元の話が読みたくなった。
最近の映画は何でも必ずCGだね。
コレもCGぢゃなきゃ出来ない要素が多いとは思うんだが。
赤の女王とかトィードゥルディー&トィードゥルダムとか。
ヘレナ・ボナム・カーターは赤の女王が凄く似合うとか。
アン・ハサウェイの白の女王の陶酔とか。
ハートのジャックってバック・トゥ・ザ・フューチャーに出てなかった?とか。
ジョニー・デップってCG?とか。
面白い所満載で最後まで寝なかったな。
主人公は赤の女王だと信じて疑わないのはオレだけだろうか?
網膜に刷り込まれていつまでも離れない。
コレが宝塚なら白の女王は娘役のトップだな。
もちろん赤の女王がトップです。

Published in
Categorised as review

By pure

散歩・カフェ・映画。これがあればだいたい生きていけるんぢゃないかと思う。

Leave a Reply