目薬αで殺菌します Disinfectant α for the eyes/森博嗣

目薬αで殺菌します (講談社ノベルス)
神戸で中身の入れ替えられた目薬が発見された。製薬会社から内密に調査を依頼された赤柳は、事件について調べ始めるが今度は同じ製薬会社の職員が他殺死体で発見される。果たして関連性はあるのか?

今回(いや、いつもそうかもしれないけど)は『事件の当事者』と『いつもの人々』と『真賀田四季関連』との描写が別個の物に感じられて何となく事件全体の印象が薄かったです。
『いつもの人々』は今回事件の解決に向けた積極的な関与は無く、海月が大学を転学することを聞いた加部谷が狼狽えちゃう恋愛ストーリーになってるし、『真賀田四季関連』は赤柳が調査に雇っていた時田をめぐる展開はあれど、結局は有力な手がかりは掴めず進展は無し。肝心な事件は予想を裏切らない展開で詳細は不明。
犀川と西之園も申し訳程度に顔は出すけど、どちらも事件を解決に導くというよりただ真賀田四季に関して考察を述べただけで、今後は誰がシリーズの中核を担って行くのか気になるところ。まだ海月は1年程は転学しないらしいけど、山吹もM2だからドクターに行くとしても転学するだろうし、まさか国枝教授がバーンと出張ってくるんぢゃないよな。

By pure

散歩・カフェ・映画。これがあればだいたい生きていけるんぢゃないかと思う。

Leave a Reply