アウトバーン 組織犯罪対策課八神瑛子/深町秋生

アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 (幻冬舎文庫)
上野署組織犯罪対策課の八神瑛子はその美貌に似合わず、捜査の為なら非業な手段もいとわない過激な刑事。ある日彼女の管轄内で広域指定暴力団・印旛会の組長の娘が刺殺される。捜査に乗り出す彼女だが、同時に印旛会の若頭補佐・戸塚から犯人を手渡す様に依頼される。捜査の進む中、同じ手口の殺人が再び発生する。

さっき作者のプロフィール見て驚き。先日観た映画「渇き。」の原作者。なるほど文章にパンチがある。先日読んだ誉田哲也の「インビジブルレイン」とは真反対の女性刑事。姫川礼子シリーズが捜査に平行して人間性を描写しているのに対し、こちらはどこまでもハードボイルドっぷりが溜まらない。文字を読んでいるだけで血の色が目に浮かぶくらいのバイオレンスぶり。その辺の描写は誉田哲也の方でも感じたのに、その更に上をいくビジュアル感。映画「渇き。」で観たほどではないけど、アレを書いた人だというのも首肯ける。
刑事にはあるまじき極悪非道っぷりなのに、最後は刑事としてけじめがついてしまう辺りがハードボイルドかな。

By pure

散歩・カフェ・映画。これがあればだいたい生きていけるんぢゃないかと思う。

Leave a Reply