視界革命|J!NS Switch Reading

サブレンズにはブルーライトカット

メガネで視界が変わると世界も変わる。

コンタクトを使わなくなって久しいが、その後近くが見えにくというアレが起きるようになってきた。最初は暗いとちょっと見えにくい程度だったが、現在はスマホでSNSが読みにくい程度に見えない。全然みえないわけぢゃないから面倒くさい。

J!NSでメガネの上にリーディングレンズをつけられるSwitchを購入してこの状況がガラッと変わった。「隅々まで」見えるのだ。今までもメガネを掛け替えることで見えやすさを確保していたが、掛け替えなくてもいいのが一番のメリット。サブレンズをつけ外しするのと、メガネを掛け替えるのとでは断然前者の方が楽チン。遠くと近くが身近になった。

近くを見ることが前提のサブレンズには、ブルーライトカットが標準装備。つけ外しには少々コツがいるが、それほど頻繁に行わないので今のところ問題なし。サブレンズだけを追加できないのが欠点だが、安く提供するためには致し方ないのだろうとは思う。

見た目の違和感をなくすデザインだから、実際にはサブレンズとフレームの2つの枠が視界に入る。ちなみにクリップ式の老眼鏡はすでに販売されているが、Switchのようにフレームと同じデザインではないので後付け感が半端ない。そういう点でも画期的な商品だと思う。

遠近両用レンズを使うようになったのは割と早く、数年に一度足を運ぶお気に入りの眼鏡専門店で勧められたのが最初。「老眼が進んでから遠近にすると慣れるのに苦労する」といわれたから。

日本製で今までの中で一番フィットしたメガネ

この時作ったメガネは人生で一番フィット感がよく、今でもお気に入りのメガネ。これを超えるかけ心地のメガネにはまだ巡り合っていないが、見えにくくなってきたのとレンズに大きな傷がついてしまったのとで、現在は引き出しにしまってある。遠近にするには縦が狭いのだが、まだ初期だったのでこれで足りた。

何度も何度もぶつけてしまいだいぶ歪んでるに違いないのも見えにくい理由だろう

数年後に見える範囲を広げたくて「遠中近」にしてみたメガネは相性があまり良くなかった。この頃から視界にイライラすることが増えたような気がする。元の近視が強いので遠用と近用の差が大きくなるとレンズの端の方の歪みが大きくなるのだ。

気になるか気にならないかは結局個人差。コンタクトのクリアな視界を知っているからなのか、無意識にも見えない部分があることがストレスに感じた。見えにくいからかこのメガネの時はよくあちこちにぶつかってた。もしかしたら歪んでいたことがさらに見えにくくしてたのかもしれない。

透明なフレームは以前から憧れだった

老眼は半年から1年のペースで進むので、安定するまでは毎年レンズを替える必要があることに気づく。いつも(数年ごとに)いく眼鏡専門店は少々お高いので、お安めのメガネで老眼の度数を調整することに。ご近所の発展ぶりは素晴らしく、今やJ!NSに2軒のZoffと3店舗もお安い眼鏡屋さんがある。パリーミキ(多分現役)と白山眼鏡店(閉店した)もある。

応対の良かったJ!NSでしっかりと遠くが見えて、手元はチラッと見えるくらいの遠用重視で作ってもらった。遠くも見えて使いやすくはなったが端の歪みはやっぱりストレス。それでも手元の中では一番使用頻度が高いメガネ。

買うつもりはなかったがカタチに一目惚れした

一緒に近視だけのメガネも作った。フレームがバネ式で上げ下げしやすかったのも選んだ理由。近視が強いのでメガネを外すと近くは全部見える。でも近づかないと見えないけど。旅行などで案内表示が見えにくかったのがこれで解消。道に迷わなくなった。最近は出かけることがなくなったので、もっぱらテレビを見る専用になっているが広い範囲が見えるのはやはり気持ちいい。ただし手元は全く見えなくなるのでメガネを外す必要がある。

一番最初に買ったメガネ

その頃、メガネに関する本で「用途に合わせて2〜3種類用意する」という選択肢を知り、以前に持っていたメガネを出してかけてみるとこれが意外によく見える。このメガネを作ったのは先述のメガネ専門店だが、当時はまだコンタクトを常用していたので、家用のコレは低めの度数に設定してあった。「近視が強い人は度数を下げるだけでも手元が見えるようになることがある」との記述は本当だった。メガネを手で上げなくても下から覗けるフレームの細さも利点。

グリーンで少し透けてるデザインがお気に入り

ちょうどデスクワークが多くなっていたので作った、度数低めの近視用メガネ。手元の右か左にある資料を読にながらモニターに入力する動きが多いが、遠近だと目を横にした場所の視界は歪んでしまう。多分これが原因で今まで無縁だった頭痛がするようなった。やったら目が乾燥するのでブルーライトカットも試してみたかった。このときはJ!NSでキャンペーンをやっていて対象商品のブルーライトカットのオプション代が無料だった。

ところでJ!NSは遠近両用が標準でブルーライトカットはオプション(+5000円)、Zoffはブルーライトカットは標準で遠近両用がオプション(+5000円)て知ってた?

J!NSのおかげで色々な種類のメガネを試した結果、近視用のメガネだけでもさほど生活には困らないこともわかってきた。実は近用のレンズを使わなくてもモニターはちゃんと見えるし、文字を書くのもさほど困るわけではない。特定の状況にのみ他の選択肢が必要なだけ。Switchも画期的なんだけど、今いちばん欲しいのは小窓老眼のついたメガネだな。

By pure

散歩・カフェ・映画。これがあればだいたい生きていけるんぢゃないかと思う。