イナイ×イナイ Peekaboo/森博嗣

イナイ×イナイ PEEKABOO (講談社文庫)

「私の兄を探していただきたいのです。」小さな探偵事務所に訪れた美女が依頼した事件の顛末はいかに・・・・Xシリーズ第一弾。

間のGシリーズを飛ばしてしまいました。やっぱりそっちから読むべきかな。

最後に西之園萌絵が出て来たから椙田泰男はやっぱり保呂草潤平だろうな。他にも関連する人は登場するのかな?

保呂草潤平と西之園萌絵ってどこで会ったんだっけ?

シリーズ1作目なので手探りで読み始めましたが序盤からグイグイではないけれど引き込んでくれます。美大生の真鍋と事務所の新人の小川のキャラクターがまだ未知なのも好奇心をそそる理由の一つかも知れない。実際最初の印象とは真逆の2人だったし。割と速い段階で椙田が保呂草のような気がして、それからはずーっと「椙田」の文字を見ても「ほろくさ」にしか見えなかった。

広大な敷地を持つ屋敷が出て来たのでその辺が鍵になるのかと思いきや、2人の会話と今後絡むのかどうかイマイチ掴みきれないもう一人の探偵鷹知との会話で事件の「事実の検証」と「推理の検証」が行われて展開するスタイル。もちろん、会話以外にも注目するべき所はあるのでその辺もしっかり頭に入れていかないと最後まで謎は解けませんが。

ラッキーなことに3作目まで図書館で借りて来たので一気に読んで、今度はGシリーズを借りて来よう。

By pure

散歩・カフェ・映画。これがあればだいたい生きていけるんぢゃないかと思う。

Leave a Reply