クロニクル(2012)

クロニクル [Blu-ray]
Chronicle (2012)
“Good Bye, Andrew”
突然超能力を持った高校生3人。次第に強くなる力は彼らにどんな変化をもたらすのか。

監督:ジョシュ・トランク
出演:デーン・デハーン/アレックス・ラッセル/マイケル・B・ジョーダン/マイケル・ケリー/アシュレイ・ヒンショウ

「炎の少女キャリー」や「ジャンパー」でも主人公は何かしら抑圧されていましたね。力が暴走するには何かしら理由が必要ということなのか。
この作品も3人の高校生の一人アンドリューは母が病気で寝たきり、父は仕事もせず酒浸りで彼に暴力を振るう。同じ力を共有したことでいとこのマットとも以前より親しくつき合う様になったし、新しく学校の人気者スティーヴも友達になって彼の生活は一変した。けど帰ればやはり父はいるし母もいる状況は変わらない。一方マットもスティーヴも家庭に問題は無いし学校生活も順調で友人もいる。
そういった環境の違いが力の使い道の選択を違う方向へ変えてしまったのだろうか。
もちろん、映画にするんだから何かしら起承転結を作らないと興行にならないんだけど、高校生3人が力を使って遊んでいる後継は単純にワクワクして楽しかったしこのままずーっと続けばいいと思いました。特に全編ホームビデオの映像という趣向が、彼らの行動や日常が身近に感じられる要因のひとつだと思う。
そして後半、今まであんなにうまくいっていたのにチョットしたコトがきっかけで、少しずつ歯車が狂い出す3人。結果起こってしまった悲劇が更に取り返しのつかない悲劇に繋がっていく。
そして迎える、というより選択した結末。もっとその言葉を彼にかけてあげていれば、もしかしたら彼は救われてあんなことにはならなかったのかもしれない。最後にマットがアンドリューに向けたラストメッセージにはもう涙が止まりません。
この作品は『悲劇』なんだと思う。

By pure

散歩・カフェ・映画。これがあればだいたい生きていけるんぢゃないかと思う。

Leave a Reply