金沢散歩:兼六園/金沢城公園/金沢21世紀美術館

IMG_1991
起きたらまさかの雪景色。

IMG_2018
雪の兼六園はなかなか見れないと聞いていたので開門時間目指していざ。
まだ雪かきしてる従業員しかいない。

IMG_2028
根上りの松。
他が真っ白だから黒い根がくっきりと浮かび上がる。

IMG_2059
ぐるっと回って「琴柱燈籠」へ来る頃には観光客も増えてきたので撤収。

IMG_2066
兼六園と繋がっている金沢城公園へ。
時間が早いからかまだ誰もいない。

IMG_2076
この菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓を見学しに行くんだけど、橋爪門が工事中で封鎖されており、ズズズイーッと迂回が必要。

IMG_2097
櫓も長屋も復元で気が真新しい。
床もツルツルなので思わず助走つけて滑りたくなる。他に人が居たのでしなかったけど。子供がやってたら「チッ」って舌打ちするけど。

IMG_2100
急な階段を上った菱櫓からの眺望。
全然人いなかったのは団体観光客とはルートが逆だったのかも。

IMG_2108
いもり門口から出て「石川四高記念文化交流館」へ。
当時の高校の建物を利用した資料室と多目的スペース、文学館(有料)で構成されている。

IMG_2112
ここは係員にすら会わなかった。

IMG_2115
レンガ建築。当時の高校の様子がわかる資料の展示は無料にしては面白い資料が多かったかな。
中に「全国のレンガ建築」のスチール写真が展示してあって、中に「横浜赤煉瓦倉庫」「東京駅」の写真もあった。

IMG_1722
一度ホテルへ戻りチェックアウトしてから「金沢21世紀美術館」へ。
午後の美術館はカオスでした。
企画展はそれぞれ1000円で共通権が1700円。今は「3.11以後の建築」と「ジャパン・アーキテクツ1945-2014」の二つ。
前者は割と面白かったけど、後者は一度何処かで見たような内容だった。建築模型見るのは好きだからそれほど退屈はしなかったけど、図面は見てもあまりよくわからないので図面ばっかの部屋は基本スキップ。
期待して行ったけれど建物も展示物もさほど面白ものはなかった。次に行っても同じ内容だと思うと足が遠のきそう。美術館自体も作品の一つというコンセプトらしいけどさほど目新しい建物だとは思わなかったし気の利いた部分も見当たらなかった。企画展を見る人も少なく、長時間滞在してる人も居ないようだった。
そこそこ知名度あると思われる美術館で3連休に企画展の入場に誰一人並んでないのは地方だからゆえなのか。新宿のどん底の従業員のような制服も美術館というよりは地方のアミューズメントパークみたいでイマイチ。
美術館の建物と観光客がついウッカリ立ち寄ってしまうことだけに頼り切ってるような印象でした。
中途半端な企画展するくらいなら、個室が立ち並ぶ構造を生かしてワークショップばかり開催した方が人が集まりそうな気がする。

IMG_2118
美術館を後にバスを乗り継いで小松空港。
最終便で帰る予定だったけど、思いの外早く見たいと持っていた全てを見終わってしまったので空港でキャンセル待ち。
運よく一つ前の飛行機で一路羽田へ。
金沢はしない観光だけなら1泊2日で十分堪能できて、急に思い立って行くにはちょうどいいボリュームかも。

Leave a Reply