キングスマン(2014)

KINGSMAN / キングスマン(初回限定版) [DVD]

Kingsman: The Secret Service (2014)

これからは”英国紳士”&”スパイ”&”映画”=『キングスマン』の時代だと思う。

監督:マシュー・ヴォーン
原作:マーク・ミラー/デイヴ・ギボンズ『The Secret Service』
出演:コリン・ファース/タロン・エガートン/マイケル・ケイン/マーク・ストロング/ジャック・ダヴェンポート/マーク・ハミル/ソフィア・ブテラ/サミュエル・L・ジャクソン/ソフィー・クックソン/ハンナ・アルストレム/アンドリュー・ブリッジモント

どの国にも属さない秘密諜報組織『キングスマン』の候補生として推薦されたエグジー(タロン・エガートン)。キングスマンのメンバーで父の同僚だったハリー(コリン・ファース)から、亡くなった父もキングスマンの一員だったことを聞かされる。エグジーが候補生の訓練を受けている間、ハリーは誘拐されたアーノルド教授(マーク・ハミル)に救出に向かったキングスマンの一人ランスロットがなぜ亡くなったのかを尋ねに行く。しかし、アーノルド教授は頭が爆発して死んでしまう。調べてみると有名な慈善投資家ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)が関わっていることを突き止める。次のターゲットの教会へ向かうハリーだが、そこで思わぬ出来事に見舞われる。

ダニエル・クレイグも頑張ってると思うけど、コリン・ファースの方が英国紳士だと思う。さすが元英国王。アクションもキレッキレ。苦虫を噛み潰した顔でサラッと悪人をバッタバッタと倒すところなんか最高に気持ちいい。

コミックが原作なので007シリーズとは違って、現実離れした悪役が登場。ガゼル(ソフィア・ブテラ)はなぜ足があーなってるのか全く説明ないけど、違和感なく最初の印象通り悪役にぴったり。そういえば007シリーズにもシャークっていたな。暴力が嫌いで血を見ると反吐を吐いてしまうヴァレンタインも、バットマンのサイコな感じの悪役たちを思い出させる。

コメディセンスも抜群で最後まで楽しかったな。期待以上でした。再来年に向けて2が企画されてるみたいだけど、配給はハリウッドみたい。アメリカはなんでも買っちゃうのね。エンドクレジットの冒頭に母に捧ぐ的なことが出てきてたから監督も変わるんだろうし。エグジーは続投するみたいだけど他の詳細は未定だった。あまり期待はできないかな。

こういった映画ではエグジーの役は大抵手のつけどころのない若者だったりするけど、癖もなく真面目で品行方正な青年。あまり目立たなかったけど、後半はキレッキレのアクションで見事キングスマンとして成長した姿を見せてくれるし、冒頭で登場するランスロットや、ハリーもキレッキレでジェントルマンなキングスマン振り。

kingsman-secret-service-trailer-breakdown-12でも登場したキングスマンの中で最も腕が立って優秀なのは間違いなくマーリン(マーク・ストロング)で決まりだと思う。

Leave a Reply