ロスト・チルドレン(1996)

ロスト・チルドレン [DVD]

La cité des enfants perdus (1995)

BDのレンタルなかった。時代を感じる。

監督:マルク・キャロ/ジャン=ピエール・ジュネ
出演:ロン・パールマン/ダニエル・エミルフォーク/ジュディット・ヴィエット/ドミンク・ピノン/ジャン=クロード・ドレフュス/ジョセフ・ルシエン/ジャン=ルイ・トランテイニャン

街では子供が行方不明になる事件が続いていた。サーカスで怪力を披露していたワンは。ある日大切にしていた弟ダンレーをさらわれてしまう。ダンレーをさらったのは義眼と補聴器をつけた不気味な一段「一つ目族」だった。ダンレーを探すワンは、街で出会った孤児のリーダー的存在の少女ミエットと一緒に、子供達を誘拐していた張本人を見つけて乗り込んでいく。

『デリカテッセン』を撮ったジャン=ピエール・ジュネの作品。当時はこんな映画ばかり選んでみていたことを思い出した。衣装がジャン=ポール・ゴルティエだったりとか、すごく懐かしい。映画の細かい内容は覚えていなかったけど、6人のクローンとか小さい女性とかはなんとなく記憶にある。もっとメカメカしい気がしてたけど、街の様子がメカメカしかっただけだった。

改めて見ると当時は思わなかったけど、これは物質社会に対する警鐘なのかな。

http://www.judithvittet.com

少女はアーティストになってました。

By pure

散歩・カフェ・映画。これがあればだいたい生きていけるんぢゃないかと思う。

Leave a Reply