土竜の唄 潜入捜査官 REIJI(2014)

土竜の唄 潜入捜査官REIJI DVDスタンダード・エディション

土竜の唄 潜入捜査官 REIJI(2014)

見るからにチンピラっぽいけど実は潜入捜査官。

監督:三池崇史
原作:高橋のぼる『土竜の唄』(小学館刊『週刊ビッグコミックスピリッツ』連載)
出演:生田斗真/堤真一/仲里依紗/山田孝之/上地雄輔/岡村隆史/岩城滉一/吹越満/大杉漣/遠藤憲一/伊吹吾郎/渡辺哲

ダメな警官レイジ(生田斗真)が、関東の名門ヤクザ数寄矢会の麻薬取引の証拠を押さえて、会長の轟周宝(岩城滉一)を検挙するための潜入捜査官を拝命。正義感だけはまっすぐだが、そもそも素行はチンピラ並みなので、違和感なく潜入。潜入した組の若頭・日浦匡也(堤真一)の心意気に惚れちゃったり、大阪を中心に全国へ展開する広域暴力団に目をつけられたり、やっぱりはみ出してしまうレイジ。うっかり大抗争に発展し任務を解任された矢先、大きな麻薬取引の情報をつかんだレイジは、数寄矢会会長・轟周宝の隠し子の月原旬(山田孝之)を検挙するため取引現場へ潜入するが……

コミックが原作なのと三池崇史が監督なのでテンポ良い展開。数寄矢会幹部の迫力ある顔ぶれを始め脇を固める役者陣が、物語の舞台が嘘っぽくなるコメディにありがちな部分をしっかりカバー。コメディも演技力が物を言うのだ。

洋画と違って邦画は言葉がわかる分、質の高いコメディセンスが問われるが、その辺も無問題。バカバカしいがおもわず笑ってしまうネタがそこかしこに散りばめられている。全編通してコメディぢゃなく、要所でシリアスな場面が挟み込まれるのも、結果ネタを引き立ててるのかも。

期待してなかった割には結構面白かったな。

Leave a Reply