Categories
review

アイ・フランケンシュタイン(2014)

アイ・フランケンシュタイン Blu-ray

I, Frankenstein (2014)

ガーゴイルが戦うという面白い設定。アメコミの主人公にフランケンシュタインって斬新。漫画だと思えば稚拙な設定や演出も一応納得できるかも。でも少し消化不良な展開。

監督:スチュアート・ビーティ
原作:ケヴィン・グレイヴォー
出演:アーロン・エッカート/イヴォンヌ・ストラホフスキー/ミランダ・オットー/ビル・ナイ/ジェイ・コートニー

『アンダーワールド』のケヴィン・グレイフォー原作のアメコミヒーリーの映画化。フランケンシュタイン博士に作られた人造人間が、何世紀にも渡って生き続け現代に現れる的な。西洋の古い建物に見られるガーゴイルが実は天使の兵隊で、日々悪魔から人間界を守っているという設定の世界。光と闇の戦いというのはよくある設定。大抵光の側は人間と同じ容姿で綺麗なことが多いけど、ここではどちらが悪かわからないほど両者いかつい容姿。主人公の人造人間と見た目を合わせたのかしら。両者入り乱れて戦ってると、縫い目があっても端正な顔立ちのアーロン・エッカートだけが正義の味方に見えてきちゃうけど。

生まれた時には終われなかったのに、なぜフランケンシュタイン博士が死んでから闇の勢力に追われるようになったのか疑問。ガーゴイルより闇のが情報力が高いのも疑問。細部を気にしなければ適度にスリリングで、アクションもそれなりに楽しませてくれるので、暇つぶしに観る程度にはちょうどいいかも。

By pure

散歩・カフェ・映画。これがあればだいたい生きていけるんぢゃないかと思う。