Categories
review

アントマン(2015)

Ant-Man 1-Disc BD [Blu-ray]

Ant-Man (2015)

マーヴェルシリーズの12作目。かな。犯罪者がヒーローになるというよくあるアクションコメディ。アヴェンジャーズの他のヒーローとは一味違う異色のヒーロー。

監督:ペイトン・リード
出演:ポール・ラッド/マイケル・ダグラス/エヴァンジェリン・リリー/コリー・ストール/ボビー・カンナヴァーレ/アンソニー・マッキー/マイケル・ペーニャ/デヴィッド・ダストマルチアン

マーヴェルシリーズだから見たけど、正直『アヴェンジャーズ』で活躍の場があるとは思えない。小さくないと力が強くないのは如何なものかと。そもそもあの大きさでアヴェンジャーズの一員として何と戦うのか。

それはさておき、アクションコメディとしては十分面白い。小さくなっての戦闘も映像では等身大で描写されるけど、娘の部屋での戦闘では実物大での描写もプラス。トーマスが投げ出されるところは等身大で、投げられたトーマスが窓に着地するのは実物大。着地の「カタッ」というプラスチックの軽い音が笑いをそそる。小さい世界の戦闘はこの間見たばかりの『アーサー』シリーズを思い出させる。展開にスピード感もあってテンポが良いので、最後までノンストップで見てもあまり疲れないかも。マイケル・ダグラスの若い頃のシーンもびっくり。特殊メイクなのかCGなのか、ほぼ70歳とは思えない若々しさ。あれが素顔で普段が特殊メイクと言われてもきっと納得するくらい自然な若さ。

お決まりですがエンドクレジットの真ん中辺りと、最後に次へ続くエピソードが入っているので、最後までトイレは我慢して画面に食らいつきましょう。

「120分以内に収めなければ観客が飽きちゃうよ」という監督の姿勢に乾杯。

By pure

散歩・カフェ・映画。これがあればだいたい生きていけるんぢゃないかと思う。