Categories
days

奥沢図書館

借りたい本があったので登録しに行ってきた。

奥沢駅のすぐ横にあるサンケイプラザ。外観が王道の昭和スタイル。一度入り口から入ってみるも、奥沢図書館の所在が分からず外を徘徊。

建物の裏手からぐるっと時計回りに回るとやっと「奥沢図書館」の表示。わミリーショップはいくつか商店の入った昭和なショッピングモール。100円均一があるのは時代の流れか。3階に図書館、1階に本屋というレイアウト。

建物内部も外観からの期待を裏切らない昭和スタイル。時代は感じさせるが非常にキレイで、手入れが行き届いているのを感じさせる。使う人たちも愛着があるに違いない。

ヴィンテージな階段を上っていくと、こちらが図書館の入り口。最初の写真にある反対側は入れないように封鎖してあったが、図書館の表示があるので以前は入口だったのだろう。

図書館の設備も昭和ヴィンテージ。スチール製の書架が並び、入って右奥が閲覧席。左手のカウンターの向こう側には児童書のスペース。新着図書入り口の正面のブックトラックにおいてあった。石内郁の「肌理と写真」があったので借りる。

まだ横浜美術館で企画展を開催中。

設備は古いが書架に並ぶ本は、新しいものも多く、外観からの印象ほど古臭くない。他にも2冊手に取って帰宅。

By pure

散歩・カフェ・映画。これがあればだいたい生きていけるんぢゃないかと思う。

Leave a Reply